2月16日(金) 学習日記


今週の火曜日くらいにやっと風邪から全快だ。。。長かった。
英語の練習のペースもすっかり狂ってしまって、ほぼやっていない。

だが、直前に取り組んでいた英検長文問題の音読だけは継続していたら、何となくできるように
なってきている。
英検120

何をもってできると言うのかは難しいのだが、自分で読んでいて、恥ずかしかったり、気持ち悪く
ならないレベルで、音読できるようにはなった。
当然、意味の塊を掴みながらだ。

まあ、初見ではまだ無理だ。5回は練習する必要がある。英検の長文は細かい所で難しい。

でも、できるようになってきているのは気分が良い。
いまだに英語の練習をやっているのは、この感覚があるからだな。


この年齢になっても、このプチ能力向上の達成感は気持ち良いものだ。
できない事はまだ、目の前に山積みだ。うんざりだが楽しみでもある。


1月30日(火)日記。

風邪がますますひどい。

頭痛と鼻水でなにも手に付かないので、帰宅後はすぐに寝る。
でもブログの記事だけは書いた。

インフルエンザかな?

家でじっとしているべきだな。

1月29日(月)学習日記。


風邪を引いてしまった。最悪だ。
鼻水と頭痛で全く集中できない。当然英語の練習なんて無理。

仕方がないので本を読んだ。100円コーナーから。
人間狩り ─フィリップ・K・ディック短篇集

人間狩り


ディックの初期の短編を集めたものだ。読んだ事があるものが多いが、今読んでも面白い。
だが、上品な筑摩書房からでているのでパルプの香りが薄くなっている。やっぱりディック
は翻訳のひどさも含めていかがわしい香りのするサンリオSF文庫だよな。



ディックの作品は映画化されているものが多いが、表題の「人間狩り」もB級映画になって
いる。

1月26日(金)学習日記。音読と読解


英検の読解問題の音読。できない。

ためしに、英検の穴埋め問題の音読をやってみた。これは問題なくできるな。
穴埋め問題は読解問題に比べ、比較的英文が易しいことが多い。
現在の音読の困難さは、英文自体の難しさが原因だと認識した。

音読の速度で、その文章が理解できないということだ。
又もう一つ壁を発見してしまった、、、

自分が読み上げるニュースの内容を理解していないアナウンサーのようなことを
していては意味がないのだ。

改めて、800語の長文の音読に取り組んだが、意味を明確に意識しての音読が
スムーズにできない。40分かけてもまともに一回終わらないという情けない状態だ。
頭痛がひどくなってきたぞ。

明日もがんばろう。

1月25日(木)学習日記。音読と読解


英検の読解問題の音読をやっている。
1日30分は最低やる事にしているのだが、なかなか大きな声をだしてやる事は難しく
ぶつぶつ言っている。朝の5時半から30分。

スムーズにできず苦戦中だ。意味をしっかり掴みながらの音読がこれほどできないとは
思わなかった。こんなに難しいなんて誰も教えてくれなかったな。。。

勉強サプリでも推奨しているし、基本の学習法とされているはずだ。

これまで、なぜかシャドウイングのほうが高度な訓練方法だと思っていて、子供達に
もシャドウイングはまだ無理だろうから、“音読しときなさい”なんていっていたのだが、
おおきな勘違い。

子供も続かないわけだよ。こんなに難しいのだもの。



文章のレベルを下げればラクになるのだろうが、それはやりたくない。
今やっている英検のレベルが私にとって最低限のものだ。(願望)



プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR