スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.Languishのランと懶惰(らんだ)のラン

〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜

古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書と白川静先生の文字学の入門書と想像力です。


懶 (字音 ラン lan ライ lai)
 意味:おこたる、なまける、ものうい
 解字:作りのライは疲れる、やせるの意味。心が疲れるの意味を持つ。

Languid だらけた、ものうい、無関心な
 PIE root *(s)leg- "to be slack"

関連語
Lax  ゆるい.
Relax 〈…から〉力を抜く.
Loose 解き放たれて

ランで”だらけた”ということで共通だ。

印欧語のLは“ゆるゆる、ぬるぬる”の音イメージがある。
源は、よだれや熱で溶けた獣脂からの感覚だと思われる。
Lの字の形状からも、よだれが垂れて、地面を(水平に)流れていく様子がイメージできるだろう。

<メモ>
 懶の字で思い出したが、昔、NYで大懶獣(だいらんじゅう)メガテリウムの骨格標本を見たことがある。ようは巨大ななまけものだ。なまけものの癖に巨大で驚いた。一万年前くらい前までは生息していたらしいので人類と出会っていたのだ。不思議な感じだった。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。