スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130.Omemと兆(きざし)チョウのオウ


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜

古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を暗記して行こうという企画です。
武器は電子辞書と白川静先生の文字学の入門書と想像力です。

きざし

兆(漢 チョウ(テウ) 呉ジョウ(デウ) zhao)
意味 占形、うらない、兆し、数が多い
解字 象形。亀甲に現れる割れ目の象形。きざしの意味。

Omem 前兆、きざし
  Latin

オウで兆し。

(メモ)
兆は亀卜のヒビ割れの象形だ。火であぶって入ったひび割れで占うのだ。
そこから、はじけ飛ぶと言う意味も持っている
兆には眺望、跳躍など、遠くに向かうイメージを持っている。

骨や、亀の甲を使った占いは広く行われている。
西欧でも、初期のキリスト教が何度も出した禁止令の記録が残っているので、根強く残ったのがわかる。

この占いには骨に書く記号や文字がどうしても必要だ。この占いの伝播とともに文字、印欧語は広がった
のだろうと想像がひろがる。


印欧語の語源は不明だ。
ヒンドゥー語のオーム(aum)、真言の“おん”など“オウ”の音には呪術的ななにかを感
じる。

文字の方はチョウなのでこれでOMENと繋がりがあると言うのは無理があるか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。