133.Moronと蒙昧


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜

古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書と白川静先生の文字学の入門書と想像力です。

mongo-1_convert_20150730060819.jpg

蒙(漢 ボウ 呉 モウ meng)
意味 受ける、こうむる、くらい、おろか
解字 形声。ずきんのように頭部が多毛で覆われたぶた。覆うの意味を表す。

Moron 軽度知的障害者、まぬけ
 Latin morus "foolish" is a loan-word from Greek.

モウでおろか。

関連語
Mourn  なげく
Morose むっつりした
Morbid 病的な、不健全な


<メモ>
文字はそのまま愚かと言う意味だ。
“蒙”は頭が“もわもわして”はっきりしない→愚か、というイメージ展開か。

印欧語は語源不明だ。M始まりだと、mute (無言の,沈黙した)があるが、
これはMの”中間”の意味で緩衝(遮音)材をかまして音を鈍くさせるという意味になる。

これはMの音イメージの一つの“鈍くさせる”の根拠だ。

似た意味の単語で、下記の様な意味の変遷もあるのだ。
Muffle 〈…を〉〔マフラー・外套などで〕おおう,包む

Muff 不器用者,とんま


文字でよく見るのは、蒙古のモウだ。漢族の長年の宿敵とはいえひどい当て字だと思う。

日本に留学してきたモンゴル人学生が、この文字を知って衝撃を受けていた。
(モンゴルは漢字文化圏ではないのだ。だから彼らは漢字を読めない。少し意外だった。)

でも、モンゴルの民族衣装で、毛のもわもわした帽子をよく見かける。文字の解字通りだ。
最初は悪い意味は無かったのかもしれない。。。いや、あったに決まっているだろう!
匈奴、鮮卑とかひどい当て字だ。
日本の“倭”だって、こっちは“和”だっていってんのに、変な字を押し付けやがって。

現在の、共産中国は公式文書でこの字“蒙”を“内蒙古”などで使用しているのだ。
傲慢きわまるな。

朝鮮はその中でも良い字を貰っているのが自慢だ。
“朝の鮮やかな国”とか言っている。
 朝“貢ぎ物”鮮“少なし”という説もあるが。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR