(番外)ふとした着想から妄想が暴走—それはちょっと無理筋だろうシリーズ


夜書いているときは、“これはアリ!”と思っているが、翌朝見ると“ネーよ”となる事は非常に多い。
ラブレター効果と言われるものだ。

1.Mineralと明

明(メイ ミョウ ming
(ミン)

意味 明るい、明らかにする
日+月で明るい

Mineral 鉱物
語源 min 突き出した


<メモ>
昔の鉱山は露天掘りで鉱脈が突き出しているものを掘り出していたので”突き出たもの”
が鉱物ということだ。
そして、突き出した → 明るみに出ているもの。となった。


ちなみに 鉱(コウ)とoreは音が似ており関連があると思う。


これなんかは沢山書いたが、そもそもビンとジンで音が似ていない。書いているときはなにを考えていたのか?    わからない。。。

2.Ginと罠(ミン)

罠(漢 ビン 呉 ミン min )
意味:おとり網
解字:冠部は網。民は強引にするという意味。で網で獣を捕らえる。網の意味。

Gin (狩猟用の)わな.
Middle English gin "ingenious device, contrivance"

GinからEngineが派生しているのにはビックリだ。だが、罠は人類が最初に考案したであろう複数のデバイスを組み合わせた仕組みだから、もっともな事かもしれない。

もっとさかのぼれば、PIE *gen- "produce"だ。
文字の産(サン)にもある“ン”や“ム”の音に生むのイメージがある。


<メモ>
罠の意味ではTrap(罠全般),やSnare(締め罠)の方が一般的だ。このGinという単語に文章の中で出会った事がない。
ちなみにSnareは音楽をやっている人なら、スネアドラムでおなじみの単語だ。
太鼓の裏に張ってある鋼線がSnares(さわり弦)ということだ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR