スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindleで単語帳

Kindleには単語帳という機能があって、文書を読んだときに調べた単語は自動的に単語帳に累積していく。
これはこれで役に立つが、ここでは違った使用法を提案したい。


英単語をリストでまとめて暗記して行くという方法については、いろいろ批判もあると思うが、短期間で成果を
あげるには不可欠な方法だ。
覚えた単語を定着させるには、また追加の努力が必要なのだが。(最近その事は身を以て知った)

市販の単語帳で素晴らしいものは多いが、単語の並び順に不満がある事が多い。「出る順」「関連語彙のグループ」
「なんとなくストーリーになっている」など工夫をこらしているが、いらない。
私に最適なのはアルファベット順だ。

なので、索引を使って暗記して行く事になるのだが、当然使いにくい。
で、単語帳だ。

今時、紙の単語帳を使っている人っているのだろうか?文房具店には沢山おいてある。
私は以前からスマホのアプリでi暗記というのを使っている。特に使い勝手がいいというわけではないのだが、
乗り換えが面倒くさいので使い続けている。
Excelのファイルをアップロードすると単語帳を作ってくれるサービスだ。

だが、結構このファイルを作るのが面倒なのだ。基本Copy&Pastだけなのだが、それぞれの単語でやろうと
すると、馬鹿にならない時間を喰う。

これでは学生時代の馬鹿な勉強方法のリランだ。

そこでKindle の出番だ。
kind_convert_20150829085632.jpg

単語リストをWordにコピーするだけで完了なのだ。
それをKindleに転送する。

ホントラク。
ハイライト、やコメントを付けられるのもポイント高い。スマホでも見られるし。

デメリットとしては、辞書の定義をそのまま表示するので「一英単語、一定義」では無い、ということだ。
単語リストの目的は、頭の中に橋頭堡を作ることなので詳しい語義は不要なのだ。
例文を確認できることは嬉しいのだが。。。

あとレスポンスが若干遅いのだ。これは大きなストレスにになってくるかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。