スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mのイメージ

Mのイメージ_convert_20151027054343

Mのイメージを考える。これも多彩な発展が見られる文字だ。

Mは波の象形で海のシンボルだとのこと。これは大抵の関連書で
挙げられるイメージ。

ルーンのM(マンナズ mannaz)は男性。人間・コミューンだ。

Mの形からの連想は、下記のものだ。

手で“”や“小麦粉”のドウを練っての様に大きく纏める様子。
そこから、塊。練る。練って変形する。混ぜる。
饅頭の“饅(マン)”との関連がある。
作る。新たに生まれる。子宮と言う意味にも発展する。

土からは、汚れ、悪

両手ので圧縮して小さくする。あるいは、真ん中に切り込みを入れて小さくする。

の象形。唇を閉じて話す→つぶやく。

こうやって見ると、おそらくコアのイメージは“唇”だろうと思う。
柔らかく変化するもののイメージ一般がここから生まれた。

ざっと拾って行っても、700近い単語がこの上記のイメージで解釈
できた。ラフにマインドマップを作ったが大変な作業だった。

子供達に英単語を教えるときに、このMは感覚的にも納得しやすいので、
最初に説明するものだ。
大抵“唇ムニムニ”からの発展で解釈できる。

明日から個別に見て行こう。
ブログ上で網羅しても仕方がないので、簡易版でちゃっちゃとやる。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。