日記  中間記録  英文記憶の手順の研究


「900点特急Ⅱ」についてシャドウイングと日本語訳から英訳の再生
は12月19日以降継続している。

特急_convert_20151220000012


だいたい、毎日10時頃から12時の就寝までやっている。

本当は11時半からはその日のブログを書く計画だったのだが、
なかなか切りのいい所まで終わらないので、ブログを書く時間を作れ
ないのが想定外だった。

24日の11時50分時点で1から105までは日本語から英語に変換できる
ようになっている。

ちょっとズルしているが、これからも何度も繰り返して身にしみ込ま
せる予定だ。
で、そのズルというか工夫について、いまのところ一応うまく行っている
ので、参考までに手順を記す。


1Part 25問を1セットとして、

1. 普通に問題を一気に25問解く
→ これは何度も解いているので一問数秒でやる。

2.日本語訳から英訳(一回目)

→ これは大抵できない。

3.日本語訳の加工。
  日本語訳から英訳を参照して、日本語から複数の英語が思いつく
  場合は、例文上の英単語の最初の1文字を日本語訳に書き込む。

  又、接続詞、分詞、関係代名詞等の文のつなげ方がわかる記号を
  日本語訳に書き込む.

  これらは後で消せるようにフリクションで書くのがキモだ。

4.英訳と暗唱
  書く加えた記号をたよりに日本語やら英語へという作業をやっていく。
   → ここがメインのパートだ。

  ここまでやれば、日本語を見て英文への変換ができる。
  引っかかったら、すぐ英文をみてもいいので、なんども日本語→英語を
  頭のなかでやる。

  穴埋め問題なので、その文のポイントが心に刻み付けられている
  ので心に引っかかり、覚えやすい。このテキストを選んだのは正解だった。

   日本語訳を見て素早く英訳できる所で、暗唱できたものとする。

  試しに、日本語訳も暗唱すると、より深く理解できる気もする。

5. シャドウイング
  25文完了後、まとめてシャドウイングをやる。
 私はシャドウイングが苦手なのだが、さすがに一度暗唱した文章
 だと確実に出来る。

これで、かなり急ぐが、2時間くらいだ。
定着の為には毎日前日の復習を最初の30分で行うことが重要のようだ。
また3日に1日は復習だけ+ちょっと休む日を入れた。

この手順で処理した英文を折に触れて、思い出すという作業をする
つもり。この繰り返しについても何か仕組みを工夫したい。

まあ、かなりキツい。他の訓練もほとんど出来ないのだ。



時間がないので、毎日楽しみにしている、「虎ノ門テレビ8時入り」の
YOUTUBE視聴も、IPODに取り込んで翌日倍速で聞かざるをえない。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR