2月8日(月)

今日は半分だけ読んだ。

皇帝フリードリッヒ二世の生涯
フリード下_convert_20160208215405

事実を淡々とつづっているので、歴史書のようなつもりで読んでいる
が、やはり小説なのだろうな。フリードリッヒ二世ひいきが過ぎるよ
うな気がして来た。

フリードリッヒ二世は神聖ローマ帝国皇帝の癖に、ずっと南イタリア
にいる。シチリア王国出身ということもあるが、やはり南欧州が好き
だったのだろう。
暗—い北ヨーロッパが息が詰まるというのは理解できる感覚だ。

ちなみにイタリア本土からシチリアまでは電車で行ける。
電車ごとフェリーに乗って島まで行くのだ。テツにはたまらないだろう。



<英語>
ドリーム特急のパート6、7をやった。
ドリーム_convert_20160204214921

パート7は久しぶりだ。
2問も間違えた。結構ショックだ。

大抵の英語のテストでは、文章の要旨が掴めるとだいたい得点が可能だが、
TOEICでは問われるポイントが枝葉末節にわたる。

これは TOEICの良くない点だと思う。
ビジネス文書は通常要旨が明確なので、難問が作れないため無理矢理こう
しているのだろうか。
まあ、実務でも契約書なんかはなめるように読まなければならないが。

なので、受験や英検で武器となる、ロジカルリーディングやパラリーがほと
んど役に立たないことが多いのだ。


あと「The Art of Choosing」を少しづつ読んでいる。


京都市長選挙。ちょっと気になっていた。
現職の門川さん当選だ。
共産党の人は落選でよかった。結構善戦していて驚く。
共産党のどこに支持できる要素があるのだろうか?

内田樹さんは共産党支持だったな。
フシギな人だ。
自分が住んでいる神戸以外で、変な人ばかり応援するのだ。

それなりに影響力ある方だと思うので困る。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR