TOEIC公式Vol.4のTest2のLをやった。3月14日(月)

<英語の勉強>
「TOEIC公式Vol.4」のTest2のLを朝一番でやった。
98/100 test1に較べて難しい。
結構聞こえていないが、選択肢で正解してしまう。

私は毎日10時半から11時には就寝して、早起きする習慣なので、朝にLを
やるのはいいかも。
Lは自動的に終わるので、問題を解くのは楽だし。
2時間まとめてやった方が良い事は判っているが、なかなか出来ないのだ。
これまで朝は受験サプリの時間にしていたので悩ましい所だが。


とりあえず、公式問題は完全に聞き取れるようになっておきたい。
シャドウイングを集中してやればそうなるかな。
今も継続している「900点特急Ⅱ」ではさすがに、全ての音を聞き取る事が
出来るようになっている。


「完全独学! 無敵の英語勉強法」 横山 雅彦
完全独学英語_convert_20160314222036

子供の為に借りたのだが、難しすぎると返して来た。
ガッカリだ。高校生向けの本なのに。。。

で、自分で読んだ。
横山さんのテキストは3、4冊読んでいるが、ロジカルリーディングが
実践できているかというと、そうでもない。
まあ、基本は知っているので流して読んだ。

だが、このテキストでは、文法項目のまとめが秀逸だ。
80ページ程に過ぎないが、英文理解の為に大切な事が感動的なほどスッ
キリまとめられている。

これで難しいのだったら、子供には、私が噛み砕いて教えるしかないな。

何度も読みたいので、この本は“買い”だ。


<今日覚えた単語>
Precocious  :早熟の

覚えた事があるのだが、思い出せなかった。
CocがCookなのだ。“前もって料理された”だ。

このブログの“文字と英語の関係の企画”で「Cookと羹(コウ)」を挙げた
ことがある。
羹(コウ)は“あつもの”のことで、暖かいスープだ。
古代中国の典型的な料理法なのだ。
高校の漢文の授業でも出て来たな。


その他、英語では“推論する”と言う意味の単語が多いと常々思っていた
ので“infer”の類語を類語辞典で調べて書き出した。
本当に沢山あるな。
知らない単語はなかったのだが、自分で使えるものはわずかだ。
全て例文に当たった。

語彙をまとめて棚下ろしをするのに、類語辞典は有効だと再認識。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR