今日も相変わらず。5月27日(金)

今日もPass単の2周目とTOEICの暗唱。

暗記ばかりだ。
暗記は学習の基本だとは思うが、継続は難しい。

私は英単語の学習でも無理矢理アハ体験を得られるように、“なんでOmniscientが
博学な、という意味になるのだろうか?“というふうに”何故か“ということを
追求している。
語源や、語感の援用で何かしらの“発見”をすることで印象を強めて暗記する。

多くの人は“Omniscient=博学な”を繰り返すだけで暗記できるのだな。
私にはほとんどそれが出来ない。
そういう意味では私の暗記力には欠陥があるのだ。(これは仕事や生活する上でもか
なり不便だ。)


この英単語の記憶に対して、最近やっている文章の暗記ではアハ体験があまり得られ
ないのでイマイチうまく行っていない。
まあ、現在の最大の障害は“流暢性”なので、体育会系の訓練が足りないということ
なのかも。
もう少し練習の時間を増やす。


とはいえ、最近は暗記ばかりなので、そろそろ問題を解きたくなってきた。
「脳が認める勉強法」では“問題を高速で解く事”自体の学習効果を強調している。
がむしゃらに問題を解くと言う行為にも意味があったのだと、少し救われた気分。

最近「脳が認める勉強法」をよく参照している。
この本への評価は最初低かった。勉強法のカタログ本に過ぎないとの印象だったのだ。
だが、カタログ本でも全く問題はない。
見方を変えれば、非常に示唆に富むアイディア満載の良書といえる。

自分で行う勉強方法のアプローチの可能性が一気に広がった。

インターネットで「ファーストポジション」を見た。
バレエのプロを目指す子供達のドキュメンタリーだ。
元気がでる。登場人物が全員成功するという珍しい展開だ。
世界中から来ている子供達だ。みんな英語を話せる。私より上手だ。

あとアニメでJOJOを見た。
由花子さん恐い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR