スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検の長文問題に取り組む。12月7日(水)


今日もYoutubeを見てしまった。上念氏の回の虎ノ門ニュース。上念氏のコメントは他の
番組でチェックしているのでこの番組は見ないと決めていたのについ見てしまった。
失敗だ。

<英語の勉強>
英検一級過去問の長文パートを、スラスラ読めるように詳細にとりくむ。

やったのは、米国の保守とランド思想関係についての記事と演劇論(スタニスラフスキー
システム:ガラスの仮面だ。)の2つの記事だ。
取り上げるコンテンツのレベルが高いな。知的に刺激される。ネットでランドの提唱した
客観主義について検索してしばらく読んだ。

英検一級の文章はさらっと問題を解くだけではいかにももったいない。
すっかり、ファンになってしまった。
英検って子供が受けるものとずっと思っていたが、反省だ。


英作文文例書き写し。「海外留学は意味があるか。」一個。
海外留学の経験はない。MBAとか経験者の話を聞いてみると、とうてい自分ではクリア
出来そうも無い。きっとドロップアウトしただろうな。


ドラゴンイングリッシュの音読/暗唱。20分x2。


<春秋書き写し>
日経新聞のコラム「春秋」を毎日、ノートへ書き写している。
要約
「安倍首相が現職として初めて真珠湾を訪れる、敵対から和解へ範を示せるのならば
意義深い。」
42字

昨日の春秋にひき続いて、戦争に協力的な作品を書いた文学者を批判的に「起」に使っ
ている。昨日は斎藤茂吉で今日は太宰治だ。
「起承」で先の大戦の開始時の状況。「転」で現在の安倍首相の真珠湾訪問にシフトする形式。
「結」はこのコラム常連のトランプ氏に絡めて、大衆が感情的に流されないように警告する。

安定の内容だ。だが、連日文学者だけを取り上げるのも感心しない。
マスコミが戦時中どのような役割を果たしたかは、皆が知っている。どの面さげてしたり顔で
個人を批判できるのか。恐ろしい程自己批判しない人達だな。
少しは恥ずかしいと思わないのか。。。

しかも、春秋子には現在の日本も戦争に前のめりになっているように見えるようで、安部首相
に不戦の決意を促しているが、天声人語かと思う。

<今日の読書>

「外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術」 山口 周

読書仕事

ビジネスマンが読むべき本のリストと読み方までレクチャーした非常に実際的な本。
書名はイマイチだし、軽いタッチですぐ読めてしまうが結構スゴい本だ。

読む対象をビジネス書とリベラルアーツの本とに分類し、対応を変えることを提唱している
のが新しい。

まず、ビジネス書は仕事に直結する内容なはずなので、まとめノートは不要。手元において
積極的に書き込み、何度も読みながら汚して仕事に使っていく。読む冊数は当然少なくなる。
そして、古典の原典が中心となるべきで、解説書や、新刊のビジネス書は読む意味が無いと
まで言い切る。

教養書(リベラルアーツ)は広く、浅く読んでゆき、興味が湧いたトピックは深ぼりする。
それが読者のエッジを作る。
ここから得られる知識はいつ使えるかはわからない。読書メモをIT上に展開し使えるよう
に蓄積して行くべき。ソフトはエバーノートがお薦め。
この読書メモを作成する場合は、①得た知識を抜き書き、②抽象化し、③仕事に関係する実際
の自分の行動まで落とし込む、まで一気にやってしまうのが特徴だ。

感心し、かつ納得した。
できる奴はここまでしているのか。単純な感想ではなく、フォームを設定して、半自動的に
仕事に結びつけるよう思考を指向させるシステムだ。

「忘れないように頑張るのは筋が悪い。忘れても大丈夫な仕組みを作るべきだ。」同じような
ことを若い頃何度も先輩に言われたのを思い出す。

リストの本は7割くらい読んでいるな。私自身は残念ながら、この本で指摘されている
「物知りさん」どまりであることは自覚している。



今日は他に「卵なぜニワトリは毎日卵を産むのか 鳥と人間のうんちく文化学 」を読んだ。
卵にまつわる雑学の本。こういう本は大好物だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。