スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中していない1日だった。1月7日(土)


<英語の勉強>
いろいろ雑用。で、勉強はあまり集中してできていない。

「2013年度版 英検一級過去問」ランダムに選んで、音読。1時間。語彙問題はできるな。
英検2013

「句動詞の底力」のリストの書き写し50個。

「英検1級 英作文問題完全制覇」
でシャドウイングを40分。


<本日の日経春秋>

2017/1/7付
起:コンビニで「七草がゆ」を見かける。古くからの風習はしっかり根を張っているのだ。
承:枕草子に7種の菜を吸い物にする習わしがある。おかゆにし始めたのは室町時代から。
転:かゆが出てくる中国の故事「邯鄲の夢」では「栄華のはかなさ」を説く。
結:栄華など振り返れば一時の夢のようなものなのだ。今トランプ氏に聞かせたいものだ。

「今日は何の日」パターンだ。「中国の故事」は根強い人気だ。なんだかんだ言っても、
日本はChinaの文化圏の一部だな。これはストックしておくと使える。

コラムの中で、筆者の実体験(コンビニでの発見)に一旦接地するのは多用される
定番テクだが、そこから「イイタイ事」へどう持って行くかが、職人芸となる。
「七草がゆ」→「中国のかゆ」→「邯鄲の夢」→「トランプ批判」

まあ、取ってつけたような展開になっていて、正直うまくないと思う。
でも自分がこういう文章を書くために参考になるのは、こういうイマイチの例なのだ。
骨格が見えやすくて、他に転用もできるので。

今日のコラムはどう考えても、トヨタがらみのトランプ発言に反応したコラムだ。
だが、本来ならトランプよりも習近平に読ませたいと書くべきだろう。
これからもトランプ発言に振り回されるのは憂鬱だが、日本の本当の脅威はChina
のほうなのに、日本のマスコミは何故か中国に遠慮して批判はしない。


ネット小説の新作をいくつかチェック。 Kindleに落として最初の10回ずつくらいを
読んでみた。
ちょっとピンとくるのがなかったな。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。