スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野暮用であんまりやってない。1月13日(金)


今日はいろいろ野暮用で時間が取れなかった。

ダイソーに寄ったら、醤油のスプレー型容器が売っていたので買ってしまった。
長期の海外旅行だと醤油を持ち歩くと重宝するというが、やった事がないな。
醤油自体は欧州の大都市なら簡単に手に入るのだが。
この醤油のスプレーというのは10年ほど前にドイツで見かけた事がある。銀色
のボンベタイプで全く醤油のイメージではない。なんでも無駄にスタイリッシュ
にする文化だ。

<英語の学習>
「2013年度版 英検一級過去問」3周目。長文の復習を2問。
中身が濃いな。まだ細かい所まで読み切れていなかった。
既に、英検受験対策ではない。日本語訳がついている質の良い英文を使って、何故
自分の英文解釈がモヤってしているのかの点検を行っているのだ。

「2015年度版 英検一級過去問」語彙問題。
過去2015

20/25
初見だと、このざまだ。だが、運だな。たまたま知っているかそうでないかだ。
最近単語のブラッシュアップをサボっている。
やはり句動詞の正答率は5割となるが、意味のわかる句動詞は確実に増えている。
使いどころは無いけどな。

<本日の日経春秋>
2017/1/13付
起:選挙での勝利後、トランプ氏のツイッター投稿の回数は300なのに対し記者会見
  は昨日のものが初めてだ。
承:まもなく自由と民主主義の価値観で世界を導く超大国のトップの座に就くという
  のに相変わらず発言は激しい。
承:自画自賛や被害の訴えに加え威圧も忘れない。見逃せないのがメディアへの厳しい
  批判だ。
結:むき出しの対決姿勢が危険だ。気がつけば戦争と言う事にならないか。中国の動向
  も気になる。


「結」で戦争へ流れを暗示する渡辺白泉の俳句を引用している。通常のパターンならこれ
を「起」に持って来きて、「転」で昨日の記者会見やトランプ批判に繋げるのだが、昨日
に続いてメインテーマを頭に持って来ている。春秋子の、対話や多様な意見に耳を傾けな
いトランプ氏への怒りと懸念をストレートに反映させる為だと思う。
「起」でイベントを紹介する、ニュース的コラムの形を取っているとも言える。

戦争の脅威を持ち出して読者の共感を得ようという仕組みがテクニックだ。
「回転扉」とか「軍靴の音が」とかの朝日新聞的紋切り型表現を使用しないのは教養だ。


コラムで珍しくチャイナの軍事行動に対する言及があったが、チャイナの最近の積極的
軍事行動をあたかもトランプ氏の言動に起因するかのようににおわせるのは忘れない。
確かに、トランプ氏とその周辺は対チャイナで様々な策を展開しているようなのは明らか
だ。
だが、根本的な問題は中国の覇権主義なのだ。
日経のチャイナバイアスは本当に危険。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。