楽なほうにながされている。2月25日(土)


だめだ。また本を読んでしまった。そろそろ英検の訓練に戻らなくては。
でも図書館で借りた本がまだ4冊残っている。こいつは読みたい。。

<英語の練習>
「英検過去問2015」パート2
  シャドウイング。30分x2。

「受験サプリ−上級英作文」第2講。15問。
 取り合えず書いてみる。ほとんどカンニングだ。でもそれでよい。

The Economist「A tale of two cities Detroit's long road to recovery
begins downtown」
を読んだ。

「ロックシティ」デトロイトの再生の途中報告。夕張市やポートランドなどの都市
経営に何故か興味があって類書を読むことが多い。町山氏のレポートなどで大変な
状況は知っていたがその最新の記事だ。
中心部を中心に産業が戻って来ているようだ。まだ周辺部はひどい状況だが事態は
改善しつつあるとのこと。フォローを続けたい。


<読書>
「アングロ・サクソン文明落穂集〈6〉」   渡部 昇一
アングロ・サクソン文明落穂集〈6〉

尊敬する渡部先生のエッセイ集だ。共感覚と言う言葉を意識してブログを始めたのも
先生のエッセイを読んだのが切っ掛けだ。
興味深い指摘が沢山書いてある。メモをしたら切りがない。

「イギリス政府が国際金融界に信用があるのは、13世紀のマグナカルタの効果だ。議会
の商人が無ければ勝手に税金を取立ができないイギリスには財政の節度があると言う事だ。
これによってイギリスは低利で戦費のお金を借りる事ができ、近代まで戦争を有利
に薦める事ができた。」

「英語のRichはドイツ語のReich(帝国)と同じ語源を持ち、力に寄る支配というイメ−ジ
を持つ。日本語の“豊か”とは違うのだ。日本はリッチになって、アメリカを力で支配
する脅威として見られるようになったのでは。」日米貿易摩擦のころのエッセイだ。


「「知」のシャープナー~人生が代わる知的生産日記~」御厩 祐司
「知」のシャープナー


PCを利用した新しい日記の提案。基本はエクセルで連用日記を作ろうということだ。
じつは私もこれは試したことがあるが、3日しか続かなかった。
だが、ここで紹介されているものは、日記を階層化して画像や動画などの詳細な資料
を日毎にアタッチできるようにしている。面白い。一覧性に優れているので見返し、
読み返しが容易なのも重要な特徴だ。

目的は発想のための記録だ。記録するのは真に刺激となる「知」だということだ。
そのためにはニュートラルな事実の列記はしない(今日の食事とか)で、感情を突き
動かした事実(ファクト)のみを記録していくのだ。

私はブログの日記が習慣化しているのだが、読書メモについてはボリュームの問題
があって一部しか掲載していない。個人用の記録としてこの方法を試すのも良いかも
知れない。

「料理に「究極」なし <辻静雄ライブラリー 7>」
 辻静雄
料理に「究極」なし

自宅の近くに辻料理学校の立派な校舎群があるので親しみがある。
辻先生の最後の著作だ。簡単な自伝と研究の結果の料理の歴史が紹介されている。
非常に興味深い内容だ。
この方が日本の文化に与えた影響は小さくないと思う。
早稲田の仏文を出た読売の記者だったのだな。意外。でも、さもありなんという
経歴だ。


Youtube『ニュース女子』を見る。西成あいりん地区の特集コーナーだった。
ここも私の住んでいるところから自転車で20分くらいの所なのだ。週に2回はこの
地域を通過するのだが、画面で改めて見るとやっぱり異常な雰囲気だな。街中の警察
が要塞化しているのは日本でここだけだろう。


先日ネットで注文していた「幕末は「論争」でわかる」が到着した。子供は読むかな。。。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR