今日は英語休み。3月16日(木)

今日から新しいマインドマップ読書ノートだ。本を読んで終わった。

<英語>
「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」1.3倍速シャドウイング。30分x2
口が疲れるまでやる。

<読書>
「記憶の整理術」  榎本 博明
記憶の整理術

フォトリー+MMで約20分。
記憶を整理して未来に役立てられるという主旨の本。
・記憶は過去の記録ではない、現在の解釈で変えられる。
・意識して挫折体験からプラスの意味を読み取ろう。自伝記憶も前向きに整理しよう。
・本を読んだりして、潜在記憶を刺激/攪拌してヒラメキを引き出そう。

「記憶力の正体: 人はなぜ忘れるのか?」  高橋 雅延
記憶力の正体

フォトリー+MMで約20分。
上記の本と記憶の操作については似た内容。
加えて、効果的な記憶の方法についてコンパクトに整理している。

以前、米国での最新の研究結果として、最も効果的な学習法は分散学習であるという
記事を読んだ。比較的短い時間で違った分野の学習をはさんでやったり、時間を開けて
何度も繰り返したりする手法だ。何故、これが効果的なのかの説明が記事ではなかった
が、この本の説明で納得がいった。
最も大切なのは「思い出す」と言う事だ。学習を分散することで、それだけ「思い出す」
回数が増える訳だ。

でも「思い出す」のってツライな。
私が知っている限りではこの「思い出す」の価値をメインに強調されているのは、宇都出
さんくらいか。ざっくり回転させることで「思い出す」ことへの抵抗を軽減させる仕組み
も考えているのが工夫だ。

「「自分メディア」はこう作る! 」
ちきりん
「自分メディア」

フォトリー+MMで約20分。
ちきりん氏のブログの成長戦略とお薦めエントリー集の本だ。
自分のブログをベースに面白い人を集めて面白いことをやりたいと言う意志で
突き進んでいるのはスゴいな。マーケティング能力を遺憾なく発揮しているのも見事だ。

読みやすいエントリーにするために、書き終わった後「音読」してみるという点に
気配りを感じた。私のは妄想の垂れ流しなので、読みにくいことこの上ない。
反省だ。


「街場のアメリカ論」  内田 樹
街場のアメリカ論

今日はほとんどの時間はこの本を読んでいた。普通読み。付箋だらけだ。
パッと開いたページにアメリカの「記憶戦争」の引用が載っていたので興味を持って
借りた本だ。記憶は最近興味を持っているテーマだ。
アメリカがどういう存在なのかということを様々な本を引用してまとめあげたモザイク
のような本。考えるネタを沢山いただいた。

相変わらず、内田氏の本は心をかき混ぜる。
次にすべきなのはそれぞれの引用の原典に当たる事だな。ラクに読めそうな本が一冊も
ない。(フェミニズム関連はいいや。。)


今日は久々の高速フォトリーでかなり消耗した。
フォトリーはリラックスが重要だと言うが、私はリラックスした状態では速読が出来な
いのだ。ガーッと処理するしかない。息が上がってしまう程で、あまり連続してできない。
邪道なのだ。
1時間やったら1時間くらい休憩が必要だったりして。。速読の意味ないじゃん。

マインドマップもかなり未整理だ。本当だったらこの速射式MMをベースに作り替える
という作業が必要なのだが、もうやっていない。ほったらかし。

MMはこんなラフなもの。昔、フォトリーの先輩に”あなたのMMは知りたい事にフォーカス
されていない”との指摘を受けたがどうしてもこうなってしまう。
これはレベルが低いフォトリーダーの特徴らしい。ぐぬぬ。。。
その女性の「フフン」ってかんじの口調と表情まで覚えている。。

MM3月16日



あと、「斉藤孝のざっくり世界史」を読み始めて半分まできたが、放棄。
この人の歴史解釈は薄っぺらすぎと感じる。いくらざっくりでも単純化しすぎだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR