330.彗星のスイとSweep


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜
古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を
暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書とネットと想像力です。

こめt


彗(漢 スイ 呉 ズイ hui(sui))

意味 ほうき、箒(ソウ)、掃く、はらう、ほうき星
解字 象形。先端を揃えた箒をてにする形にかたどり、ほうきの意味を表す。


Sweep /swíːp(米国英語)/

掃除する、掃く、払う、吹きまくる、焼き尽くす、荒れ狂う

from a past tense form of Middle English swope "sweep," from Old English
swapan "to sweep"
from Proto-Germanic *swaip-, from PIE root *swei- "to bend, turn"



彗星のスイとSweepで同じ音で意味も同じ


<関連語>
Sway  
(…を)(前後・左右に)ゆすぶる、振り動かす、 (…の)意見を動かす、
 (…を)左右する、(…を)支配する、統治する
probably from a Scandinavian source akin to Old Norse sveigja "to bend,
swing, give way,"


Swing
(一定点を軸に前後にまたはぐるぐると規則正しく)揺れ動く、ぶらぶら揺れる、
行ったり来たりする、

from PIE *sweng(w)- "to swing, turn, toss"


Swipe
(クリケット・ゴルフなどで腕を大きく振っての)強打、猛打、非難、悪口
携帯端末のタッチスクリーンで、指を左右に滑らせること
Middle English swope "to sweep with broad movements"



<メモ>
彗星の彗は箒、あるいは箒で掃く、だ。

ギターの奏法でスィープ奏法ってのがある。箒で掃くようにピッキングをする
ことで速いフレーズをラクに弾く事を可能にするテクニックだ。
30年くらい前は、まだ特殊奏法だった。
フランクギャンバレ(当時チックコリアバンドのギタリスト)のセミナーに行
った記憶がある。確か、当時はエコノミーピッキングとかいう恥ずかしい名で
呼ばれていた。


関連語を見る限り、SWで”(棒やひも等を用いた)素早く、大きな動き“の
イメ−ジだ。Wの“ちからを込めて曲げる”イメ−ジからの発展だろう。


Swayの多義語には要注意。よく出くわす。“支配する”と“(…の)意見を動かす
は重要だ。


ちなみに、英語でほうき星はCometだ。これは"long-haired (star)," from
kome "hair of the head"。ほうきではなく、髪の長い星ということだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR