340.技巧のコウとCouth


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜
古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を
暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書とネットと想像力です。

からくり


巧(漢 コウ(カウ)  呉 キョウ(ケウ) qiao )
意味  うまい、上手な事、くわだて、からくり、いつわり
解字  工+丂。工はのみに象形。音符の 丂(コウ)も曲がった彫刻刀の象形。
    あわせてたくみの意味。


Couth   kuːθ(米国英語)/
洗練された, 気品のある
from PIE root *gno- "to know."


技巧のコウとCouthの“洗練された”で音と意味が似ている。


<関連語>
Uncouth
無骨な、やぼな、不器用な、気のきかない
from un- "not" + cuð "known, well-known," past participle of
cunnan "to know"), from PIE root *gno- "to know."



<メモ>

関連語のUncouthは頻出単語で、実際にこのセットで覚えている。
上手ではない→不器用な、気のきかない、ということだ。

Couthには“洗練された”という訳語が与えられている。
洗練とは“自然のままにせずに、知恵や技術で高度に複雑化した”状態だ。

私はこのイメ−ジで巧とCouth、2つの語のイメ−ジを連結させているのだ。

このセットも、また偶然似ているものだろう。
Couthは、音は大分変化しているが、Canから“賢(ケン)”への流れのどこかに
位置する語だ。

だが、イメ−ジのシンクロ率がこのセットのほうが高いのでこちらを採用している。

30分



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR