スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66.Toxicと毒のトク


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜

古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書と白川静先生の文字学の入門書と想像力です。

POI_convert_20150721212515.jpg


毒(漢 トク  呉 ドク du )
意味 どく
解字 人を淫らにする草

Toxic 毒性の
語源 Greek toxikon (pharmakon) "(poison) for use on arrows," from toxikon, neuter of toxikos
"pertaining to arrows or archery,"
PIE *tekw- "to run, flee."

Toxikosは元は弓のと言う意味で、矢毒と言う意味に転じた。語源は“飛ぶもの”ということだ。

意味が同じで、音もほぼ同じだ。

<メモ>
文字の解字の人を淫らにする草といったら、媚薬のことだろう。
古代中国では巫女のトランス状態を誘うための催淫剤が発達したことは想像できる。

印欧語の語源は辿りにくいものとなっている。
PIE *tekw-走る だ。強壮剤をイメージしてしまいそうだ。なかなかポイズンの意味にたどり着かない。
“走る、飛ぶ”で“弓矢”→“弓矢にぬる毒”とのことだが。
だいたい“Tek” の音で、“走る”というのも全く音イメージと合わない。

まあ、大和言葉ではテクテク歩いたりする、、、、関係ない。

うーん。タイムアップ。降参でございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。