スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

351.御殿のテンとTemple


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜
古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を
暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書とネットと想像力です。

ゆめどの


殿 (漢 テン 呉 デン dian )
意味  大きな建物、政務をとる建物、寺院、神殿、しんがり
解字  形声。音符のデンは臀に通じ、台に座った人の象形。殳はうつの意味。
古代、尻たたきの風俗等があり付された。転じて、尻のように安定感のある高殿
を表す。


Temple
 (キリスト教以外の)神殿、寺院、(モルモン教の)教会堂、こめかみ.
PIE root *tem- "to cut", on notion of "place reserved or cut out"


殿(テン)とTempleで音と意味が同じ。


<関連語>
Contemplate
じっくり考える、熟考する、考えている、 (…を)じっと見つめる
From com-, intensive prefix + templum "area for the taking of auguries"


<メモ>
Templeは*tem- "to cut"で、“予言を得る為に切り離して建てた別棟”という
意味だ。聖徳太子の“夢殿”を連想させる。
ググって知ったが、ギリシャのパルテノン神殿等もTempleなのだな。少し意外だ。


この印欧語幹*tem-に対応する文字は“断”だ。123.Epitomizeのtomと断
で取り上げた。


漢字の“殿”は“尻をたたく”が原義だとのことだ。解字では“下部のどっしり
とした建物”くらいの意味だが、それでは“たたく”の意味がわからない。
刑罰を与える、あるいは予言を得るための苦行を行う場所だったのではないか。


なお、関連語のContemplate の意味は連想による発展を見せている。“寺院→
お告げを得るところ→深く集中する→熟考する”だ。


この連想はConsiderの“星を見る→良く考える”と通じるな。
こういう単語は誰が考えたのだろうか。自然発生的なものでは無いと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。