スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

356.寛大のカンとCalm


〜新漢語林で覚える英単語シリーズ〜
古代中国の言葉の音を反映しているとされている漢音、呉音等をたよりに英単語を
暗記して行こうという企画です。武器は電子辞書とネットと想像力です。

みかみ


寛(カン(クァン) quan)
意味 穏やかな、ひろい、ゆるやか、くつろぐ
解字 形声。宀+萈。萈はヤギの象形。部屋の中でゆったりとくつろぐヤギの様から
広いの意味を表す。


Calm
穏やかな、静かな、平静な、落ち着いた、自信たっぷりの、うぬぼれた
from Greek kauma "heat" (especially of the sun), from kaiein "to burn"
(see caustic). Spelling influenced by Latin calere "to be hot."



寛大のカンとCalmの流音落ちのCamで音と意味が似ている。




<関連語>
Calorie
from PIE *kle-os-, suffixed form of root *kele- "warm."


Clement
温和な、温暖な、寛容な
from Latin clementia "calmness, gentleness," from clemens "calm, mild,"
related to clinare "to lean," often said to be from PIE root *klei- "to lean"


<メモ>
このセットは“心が広い、穏やかな”の意味の一点が共通しているのみで、語源も
他に派生している意味でも関係が薄い。
寛の解字や派生している意味が“空間的にゆったり”から発しているのに対して
calmは“暑さでだるくて動けない”が元の意味だ。

以前書いた没記事からのサルベージだ。
この企画を始めた当初はこういう偶然の一致は排除していたが、今では楽しんで
考察している。


ここではcalmの意味の発展が特徴的だ。ふざけているのだろうか。

だが、ギリシャの夏は殺人的に暑いと知人に聞いたことがある。私は5月上旬に
行った事があるが、すでに充分暑かった。子供のギリシャの記憶も“暑い所”だ。
5月なのに真っ黒に日焼けして、仕事場で気まずい思いをしたのを思い出す。


この“暑い”と言う意味は、関連語のCalorieの語源*kele- "warm."から来ている。
この語は102.Calorieと火山のカですでにやった。
また、Cで“熱”と言う意味では、C 白く光る、呼ぶ、声を出すで関連語を紹介し
ている。



Clementは語源が*klei- "to lean"と全くcalmと異なっている。このlean は
“もたれかかる”だろう。“もたれかかってゆったり”ということだ。この意味
の発展は納得できるものだ。
ちなみに、このklei-は“傾”なのだがこれまで取り上げていないな。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NP  for 木根 徹(Tohru Kine)

Author:NP for 木根 徹(Tohru Kine)
大阪市在住
心の書は「国語入試問題必勝法」と『蕎麦ときしめん」

妄想系の初老の男性
TOEICベストスコアは955。
でも、このところずっと受験していません。

英語がらみでいろいろな妄想を書き付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。